<< 世界の小窓から | main | 大阪のパワー >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

    世界の小窓から

    0
      ミュンヘン
      さて、フランクフルトから列車で3時間ほど南下し、ミュンヘンへ行きます。
      南へ行くんだから、少しは暖かくなることを期待していたら、驚き!雪が降ってます雪
      ドイツ在住の人に聞いたら、ドイツは南へ行くほど寒いとか。。なんで??

      でも、雪のノイシュバンシュタイン城はまた貴重だったかも。ワーグナーを愛し、孤独だった王ルートヴィヒ2世のこだわり抜いたロマンチックなお城。



      孤独な王様は、冬の外の世界をどんな気持ちで眺めていたのでしょうか?


      孤独と言われていたらしいけれど、これだけワーグナーの世界を愛していたり、こだわりの美しいお城と建てたり、と情熱はあったわけで、それは幸せだったのではないでしょうか?
      posted by: maggy | | 00:46 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 00:46 | - | - | - | - |
        コメント
         









        トラックバック
         
        http://maggy.jugem.jp/trackback/129
         
        2008/05/24 5:47 AM
        Posted by: クラシック音楽ぶった斬り
        カラヤンの「さまよえるオランダ人」
        カラヤンならではの設計の巧みさの光る演奏だ。その音楽の奥行きの深さは、みごとというほかはない。
        2008/05/24 12:20 AM
        Posted by: クラシック音楽ぶった斬り
        カラヤンの「トリスタン」
        徹底的に美が支配する「トリスタン」である。