<< 心融ける、、、 | main | 春の訪れ >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

    江 兄弟姉妹について考えます

    1
     



    久しぶりの「本」のアップ
    とっても読みすかった「江」です。今、旬な話題でしょう?はは
    上/中/下がありますが、読みやすいのでさくさくと読めます。
    大河ドラマでの配役、上野樹里ちゃんはイメージにはまっているように思いました。
    相手が誰でも正面から自分でぶつかっていく快活なお姫様。
    母親や姉妹にたっぷり愛されて、恵まれた末っ子ちゃんだなと思いました。
    三姉妹のそれぞれの佇まいを、ついつい自分の兄弟構成に重ねて考えてみたり
    戦国時代という辛い時代に翻弄されながらも、それぞれ自分の幸せを見つけて強く生きて行く三姉妹の姿に勇気をもらえますし、時代は変わっても、家族とか兄弟のあり方は変わらないなあと思いました。

    この本の中では、常に「兄弟姉妹」の視点があります。
    この浅井三姉妹はもちろん、母親のお市と信長の兄妹関係もそうですし、秀吉、そして家康の息子、娘の関係も複雑です。
    当時は人質という目的で、家康の息子を秀吉の養子に捧げたりすることが普通にありました。兄ではなく、弟が養子に捧げられる弟の気持ちだったり、子供には残酷すぎる形で、嫉妬や屈辱とかがうねうね渦巻いています。

    兄弟姉妹の関係って、面白いですよね。大抵、性格は別々ですもんね。自己主張の激しい兄と相手の心をみる慎重な弟だったり。とっても似た性格の兄弟姉妹ってあまりいなくないですか?

    私はいわゆる中間子で、一番上とか末っ子に注がれる両親独り占めみたいな状況は味わったことがないけど、でも、多分、愛情に飢えた覚えが一切ないのは、下の弟とは4歳離れているから、その間は私が末っ子として育ったからなのか?末娘ではあったからなのか?親の愛情の注ぎ方が行き届いていたからなのか?わかりませんが、愛情はいっぱいもらって育ったと思っています 
    弟が生まれてからも、弟大好きで、兄弟姉妹で弟をみんなでかわいがった想い出があります。
    でも、一番自由奔放な感じで生きてるかもしれませんね。反抗期もなかったと思うし、、、のほほんと、やりたいように生きています でも留学行ったり、会社辞めたり、きっと親には色々と心配かけているはずですね



    それにしても、こういう歴史題材の本を読むと、ついつい、別の視点=作者で読みたくなるのが私。。

    このブログにも書いたけど、私が唯一少し知識のある日本史の時代が、織田信長、秀吉時代なのです。ここから先に流れて徳川時代へ明治時代へとどんどん勉強すれば良いのですが、まだまだ留まってます、この時代に。
    思えば信長、秀吉、千利休、細川ガラシャ夫人と色んな方向からの本を読んできました。
    それらの人物が全員出てくるこの「江」は、とっても楽しかった
    やっぱりね、女性作家の視点からの日本史は入りやすいですね。感情的なストーリーだから読みやすいというか、共感しやすいのですね。
    次は別の作者の「江」を読んでみます



    posted by: maggy | | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    スポンサーサイト

    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 14:50 | - | - | - | - |
      コメント
       









      トラックバック
       
      http://maggy.jugem.jp/trackback/267